「まぬけ面」に罰金を課した警官 ルーマニア
Ananova - Driver fined for 'having a face like a moron'


クラヨーバの位置ルーマニアの交通警察官が、ドライバーに対し「アホ面で大きな猿のよう」だとして罰金を課し、降格処分となった。

地方紙ジャーナル・ナショナルによると、マリウス・ブラショーニュは、ルーマニアのクラヨーバを通りかかったゲオルギー・トサをしょっ引いた。

しかし、トサはブラショーニュが切った22ポンドの反則金切符の理由欄に「アホ面で大きな猿のよう」と書かれていたのを見落とした。

ルーマニア警察長官のダン・ファツリューは、ブラショーニュが反則切符は冗談で渡したものだと主張したが、「不適当な振る舞いと警察に対する名誉毀損」で降格されたと語った。

彼は今、遠方の村でデスクワークを与えられている。

一言:冗談で切符切られたらたまりません。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-07 13:07 | 街角
<< 寝ていたホームレスに大金 ポーランド Top アイワイ銀、最終利益が倍増に >>