ストレスで脳神経が減少
[Excite エキサイト : 社会ニュース]
トラウマが細胞の新生阻害 金沢大、マウスの脳で実証

トラウマ(心的外傷)を残す激しいストレスを経験した場合、脳で新しく作られる神経細胞の数が、ストレスを受けてから一定期間後に激減することが6日までに、金沢大薬学部の米田幸雄教授(神経化学)のマウスを使った研究で分かった。
(中略)

 米田教授は、マウスを狭いおりに入れ、メトロノームの音を聞かせながら3時間水に浸すストレスを与え、脳の変化を分析。実験後、マウスの海馬で作られる細胞の数が緩やかに減っていき、5日後に急激に減少した。

PTSD患者は、記憶をつかさどる海馬の委縮が多いことが知られており、米田教授は「今後、人間の脳の委縮との関係についても追究したい」としているそうだ。

人間は忘れたい記憶を忘れることができるのではないか、と私は考えている。PSTD自体は不幸なことだが、こうした現象がイヤな記憶から人間を解放するための、自然の摂理に叶ったものなのではないかという気がしてならない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-07 04:08 | 医療・健康
<< アイワイ銀、最終利益が倍増に Top テレビで納税、謄本・抄本請求も... >>