ストリップも「芸術」判決 ノルウェー
CNN.co.jp : ストリップは「芸術」との判断示す、ノルウェー裁判所 - こぼれ話
Like opera, striptease is art, Oslo court rules
「ストリップは芸術」とノルウェー裁判所 | Excite エキサイト

オスロの裁判所は、ストリップはオペラやバレエと同様の「芸術」であるとして、(芸術関連の入場料ならば免除される)付加価値税の支払いを拒否していたナイトクラブの訴えを認めた。
ナイトクラブ「ブルー・エンゼル」は、「婦人警察官、フラメンコ・ダンサーなどとして服を脱いでいくことは、芸術を表している」と主張。入場料の25%に当たる付加価値税、総額100万ノルウェー・クローネ(約1670万円)以上が未納だとして、クラブに支払いを求めた税務当局を相手取り、裁判に訴えていた。

税務当局は、クラブの客は裸体を見に来るのであって、芸術ではないと反論していた。

芸術は不可解だからな・・・。
判決にクラブの経営者は喜んでいるし、ストリッパーも「私のショーは芸術よ」とやる気が向上している。困るのは税務当局だけのようだ。

c0026624_1724231.jpg

関連:スケッチブックを持っても、ストリップはダメ!アイダホ州
一方、アイダホ州のストリップクラブは、ヌードを禁ずる州法をかいくぐろうと、奇抜なアイデアを考え出した。客にスケッチブックと鉛筆を配り、ヌード・デッサンさせる絵画教室として生き残りを計ったのだ。

このアイデアは良かったかも知れないが、残念ながら、これは客の協力が足りなかったようだ。
警察の女性広報担当官、リン・ハイタワー氏によると、客たちは芸術に集中しておらず、3人のダンサーを市のヌード禁止条例に違反しているとして召喚した。

デッサンに集中できるような人ばかりでは、クラブも長続きしないだろうが・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-05 14:09 | 街角
<< チアガールの過激な応援禁止 テキサス Top サマータイムがやってくるかも? >>