貧乏暇無し
asahi.com:GW、収入高いと休みが多い 電通がネット調査-暮らし

「貧乏暇無し」と、昔から貧乏人ほど忙しいと言われているが、広告会社の電通が首都圏に住む20~64歳の男女630人にアンケート調査したところ、このゴールデン・ウィーク中の休みの長さと年収の相関関係が分かったという。
これによると、世帯収入が多ければ多いほど平均休日数が長くなり、世帯収入が1000万円以上の世帯は400万円以下の世帯より、平均休日が1日長かったという。
c0026624_2251516.jpg
また、休日の過ごし方についても、600万未満層は「家にいる」のに対し、600万円以上層は「買い物」だったという。

電通消費者研究センターでは「パートやアルバイト勤務の多い層は暦どおりに休日がとりにくいのではないか」とみているが、格差社会に置いて収入格差が広がれば、働き方の差も拡がるかも知れない。授業参観の日程設定もますます難しくなるのではないだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-04 22:21 | ニュース
<< 朝鮮人参が大人気 香港 Top ヒトとネコの共同トイレ オース... >>