らーめんタクシー 福岡
らーめんタクシー 博多ラーメンを食い倒れようツアー 福岡市タクシー協会

トンコツスープで知られる博多──の隣の福岡ラーメンが、この5月から新たな取り組みを始めた。
といっても、ラーメンそのものへの取り組みではない。観光客向け「らーめんタクシー」の運行だ。
福岡市タクシー協会のホームページには、こんな説明がある。
らーめんタクシーとは、福岡にお越し下さった方々に、2時間以上タクシーを貸切にてご利用頂き、複数(4店程度)のラーメン店をドアツードアで巡っていただくツアーです。
「せっかく福岡にきたのだから美味しいラーメンを食べたい」「ちょっと時間があいたけど、どこに行っていいのかわからない」といった方にピッタリのプチグルメ観光コースです。
※ラーメン店での飲食代は含まれておりません
まぁ、要するに、客を市内のラーメン店へ連れ回して、効率よく福岡のラーメンを食べさせるという寸法だ。
これは珍しい方式だと思う。離れた店舗を、客に動いてもらおうという取り組みは、全国でも珍しいのではないか。

これと対照的なのが、ラーメン博物館方式である。新横浜ラーメン博物館の場合、8店ものラーメン屋が集まっており、客はここへ行くだけで好きな地域のラーメンを食べることができる。また、仙台のラーメン国技場の場合、人気に応じて定期的に店が入れ替わるそうだが、こちらも客はここへ行くだけで好きなラーメン屋を巡ることができる。

そうしてみると、これは福岡市内の既存ラーメン店をまとめられなかった故の苦肉の策かも知れないが、客を連れ回すという逆転の発想を生み出したのには感心する。
ただ、2時間5千円(昼間)のタクシー料金をペイするには、ラーメン好きな人間が4人ほど集まらないと難しい気がする。それに、店でラーメンを食べている間もタクシー利用時間に含まれると考えると、果たしてどれだけの利用申込があるのだろうか。気になるタクシーだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-03 02:09 | ニュース
<< モノグラム迷彩塗装 Top 都道府県別有効求人倍率(3月) >>