ビキニ型海パンが30年ぶりに解禁 アメリカ
12歳以上男性の【ビキニ型海パン】着用が30年ぶり解禁に!: ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

ビーチタウンとして知られるニュージャージー州ケープメイには、30年前から次のような海水浴規則が設けられていた。
「肌にぴったりとしていて、体の線が見えるようなビキニタイプの水着」を12歳以上の男性がはくことを禁じる。
同様に、海岸に面した歩道を、胸をはだけさせて歩く事も禁止されていたという。

観光客がやってくるこの町で、こんな規則が守られるはずもなく、実際には罰則も課されていなかったそうだが、それでもケープメイではビキニ海パンは売られてこなかった。
今回やっと、ビキニ海パン・胸はだけが解禁された訳だが、地元の警察署長は「ここはビーチタウンなんだ。こんなばかげた法律はいい加減にして欲しい」とコメント。

そもそも、なんでこんな規則が出来たのかというと、1960年代に、ぴったりしたビキニ海パンでビーチを歩くゲイの男性達に対する苦情から、この法律が制定されたのだそうだ。
何でも法律にしたがるアメリカらしい法律とも言えるし、その背景もまたアメリカらしかったのである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-02 15:52 | 街角
<< サマータイムの試行結果 北海道 Top 沖縄地方、梅雨入り宣言 >>