「尖閣諸島に自衛隊を」 民主・枝野氏
「尖閣諸島に自衛隊を」 民主・枝野氏 (共同通信) - goo ニュース

主党の枝野幸男憲法調査会長は1日のテレビ朝日の報道番組で、憲法改正問題に関連し「尖閣諸島は日本が実効支配している。自衛隊の部隊を置き、他国に侵略されないようにしないといけない」と述べた。

民主党は2004年参院選マニフェスト(政権公約)で尖閣諸島・竹島を含む領土を「守る対策を進める」として、警備強化などを求める衆院安全保障委員会の決議にも賛成しているが、党幹部が自衛隊の駐留に言及したのは異例。

枝野氏は9条改正に関しては「『自衛』はどこまでも範囲が広がっていく可能性がある」と指摘、現行憲法解釈を基に自衛の範囲を条文で明確にすべきだとの認識を示した。

枝野氏は現行法の枠内での対応を求めたものであるが、領土問題について相手国を刺激しないという、従来政策からの方針の転換を求めたものだ。
韓国との竹島領有問題や中国のガス田開発問題等、外的刺激が日本国内の領土問題への関心を高めている中、こうした対応は世論にも合致しているものと思う。
政府の対応が別であるべきなのは当然だが。

参考:衆議院議員枝野幸男の公式政策発信サイト
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-01 15:43 | ニュース
<< 大人の常識、文部科学省が策定方針 Top 民族音楽で心が穏やかに ギリシャ >>