トレンドマイクロ、今度は配布設定ミス
トレンドマイクロ、今度はパターンファイルの配布設定ミス

誤ったパターンファイルでCPU使用率が100%になってしまう問題を起こしたトレンドマイクロ社。
今度は、パターンファイルの差分とフルサイズのファイルとを取り違えてしまったそうだ。
今回の不具合は、「ウイルスバスターインターネットセキュリティ」「ウイルスバスターコーポレートエディション」「Trend Micro Client/Server Security」など12製品において、パターンファイル「2.600.00」(26日公開)から「2.602.00」(27日16時公開)にアップデートしたユーザーで発生した。差分ならば容量は259KBほどで済むが、フルサイズでは約7MBがダウンロードされることになる。

既に設定は直されているが、先のトラブルの余波か、と思わせられる事故である。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-30 03:30 | ニュース
<< チョコレート・パック フランス Top 楽天、キーナートGMを解任 >>