妻を盗撮して有罪 イギリス
【こぼれ話】妻の入浴シーン盗撮もヘンタイ行為=英で判決 - livedoor ニュース

【ロンドン27日】自宅で妻の入浴シーンを無断で撮影していた英国の男(55)がのぞき行為に問われ、9カ月間の「更正措置」の判決を下された。(写真は隠しカメラから見た浴室=イメージ画像)

 この男は、妻に無断で自宅の浴室に隠しカメラを仕掛け、寝室のテレビに接続、妻の入浴シーンを眺めながら興奮していたという。

 あるとき、妻がテレビをつけたところ、裸の夫の入浴映像が映し出され、隠しカメラがばれてしまった。

 怒った妻は夫を家から追い出し、裁判所に離婚の訴えも起こした。

 イングランド南西部ブリストルで裁判に掛けられた男は、妻を盗撮していた事実を認め、「いつか2人でお風呂に入っている映像も一緒に観賞し、2人で興奮したかった」と説明。判事は、男が罪を認めていることから、禁固刑ではなく、より軽い「更正措置」の判決を下した。妻の弁護士によれば、男は事前に妻の承諾を得ておくべきだったと反省することしきりという。〔AFP=時事〕

すごくコメントに困るニュースです。妻の入浴シーンで興奮できることを感心してみせるべきか、何やってるんだかと呆れるべきか・・・。
でも、この人、盗撮しないと興奮できないんでしょうね。そう考えると、哀れむべきなのか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-28 23:56 | 街角
<< Googleのスペルミスに注意 Top 究極の人口抑制策 ネバダ州 >>