EU本部にサウナがある理由 ベルギー
贅沢か思いやりか? 欧州委員会のサウナ施設 | Excite エキサイト

EU(ヨーロッパ連合)の本部には、サウナ施設があるそうだ。このサウナ、一つは25人の委員限定で使用されるという。
これは贅沢ではないのか、という観点の記事があった。

ブリュッセルの欧州委員会本部には、サウナ施設がふたつある。そのうちひとつは25人のコミッショナー限定で使用されている。

欧州委員会の広報担当者フランソワーズ・ル・バイは、サウナの導入はスウェーデンおよびフィンランドから来たスタッフがくつろげるようにとの配慮によるものだと述べ、贅沢ではという声を否定した。

新設中のEU本部ビルにもサウナは設置されているが、ル・バイ氏は、「これはEU拡大の結果です」と述べたそうだ。

フィンランドのサウナの場合、日本人が考えるサウナ風呂とは違って、社交施設の一部とも言える。親しい客を自宅でもてなすのはサウナ室だ。サウナに招かれたら、客として名誉なことだと思ってもいい。当然、そこでは主人と客人が一緒にサウナに入り、様々な話題に花を咲かすことになる。

横浜スカイ・スパサウナ文化を取り入れた企業はアメリカにも存在する。残念ながら企業名を失念したが、ある会社は社内にサウナを設置し、社員にリフレッシュした頭で働いてもらいたいと言っていた。
このように、サウナは日本の風呂とは違って、心身をリフレッシュしながら大人の交流も可能な場所なのだ。

そのような訳で、EU本部にサウナがあることは、個人的には悪くはないと思うのだが、25人限定で使用されているという点が問題になるのだろうか。いっそのこと、会議場をサウナ中に移せば問題は解消するかもしれない。
それより、トルコがEU加盟したら、「トルコ風呂を作れ」と言われないか、ちょっと心配だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-27 23:29 | 街角
<< 駐日中国大使、3閣僚の参拝中止... Top 中小企業白書 2005年 >>