イリジウム計画が5年ぶり復活
衛星携帯電話「イリジウム」国内復活へ、KDDI子会社が6月にサービス開始
携帯衛星電話、5年ぶりに復活[産経Web]

c0026624_1748881.jpg77個もの衛星を使い、世界中で電波通信を可能にする「イリジウム計画」(後、使用する衛星の数を66個に下方修正)。原子番号77の元素にちなんだプロジェクト名で知名度はアップしたものの、衛星打ち上げ費用が莫大だった割りには集客ができず、一般の携帯電話などの通信手段との競合に敗れて破産してしまった。


ところが、今になって、イリジウム計画が見直されているらしい。
衛星携帯電話、5年ぶり復活。「イリジウム」6月からサービス。災害時の非常通信手段で見直される。1台23万円。
値段は高いが、災害時用途であるため、可能となったのだろう。
KDDIの子会社であるKDDIネットワーク&ソリューションズがサービスを行う予定。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-23 16:50 | ニュース
<< 携帯カメラの悪用に厳罰 サウジ... Top 中国国家主席、小泉首相の発言を評価 >>