Earth Day(地球の日)

c0026624_21124665.jpg日々忙しくパソコンで仕事をしている人も、インターネットに接続すると、「ああ、今日は○○の日か。」と気づくことがある。

私の場合、検索サイトのGoogleが、ふとした機会に記念日を教えてくれる便利サイトでもある。(バレンタイン・デーのように、世間からの隔絶を教えてくれることも多いが。)

今日(4月22日)、気が付いたのは、本日が「アース・デー」「Earth Day」「地球の日」等と呼ばれる記念日であることだった。名前から推測されるように、地球環境の保護を訴える日である。

元々は、アメリカ上院議員で環境保全活動家のゲイロード・ネルソンが、スタンフォード大学卒業生でハーバード大学の学生であったデニス・ヘイズを使い、1970年4月22日に全米的なデモを組織したところ、環境汚染に反対する約2千万人のアメリカ人が公園や通りに集まって、健康と環境維持のためのデモを行ったことが発端になったそうだ。
そして、1971年には国際連合が4月22日をEarth Dayと宣言。当時の国連事務総長ウ・タントの演説からは「宇宙船地球号(Spaceship Earth)」という名言が生まれた。

今日では、本家アメリカだけでなく、日本でも、地球環境に関して考えるイベントが催されているようだ。(参考:アースデイジャパン
ちなみにマークまで決まっていて、白地にギリシャ文字のシータを描いたものだそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-22 20:57 | 街角
<< トリノの動物愛護法 イタリア Top 中国の教科書が教える歴史 >>