文科相、中学生へ謝罪
Excite エキサイト : 社会ニュース

教科書が見直され、一挙に教科書の厚みが増えたことが先日報道された。
が、見直されるまでの谷間の世代に当たる中学生は気の毒だ。
中山成彬・文部科学相は21日、水戸市の茨城大学付属中学校での「スクールミーティング」で、この世代の中学生と対面し、ゆとり教育について「授業時間を減らしたことは反省すべきだと思う」などと中学生に謝罪したそうだ。

中学生からは「学校は勉強する所なのに、総合的な学習の時間のせいで、学校外で勉強するなど逆転現象が起きている」などと厳しい質問が相次いだ。中山文科相は「ゆとり教育の見直しで教科書のページ数も元に戻りつつある。(薄い教科書の)皆さんには申し訳なく思う」と答えた。

 さらに「総合的な学習の時間は、人間力のある子を育てるために導入されたが、全般的な検証を始めたところだ」などと述べた。

中山文科相も、韓国へは謝罪しないが中学生へは謝罪してみせる辺り、パフォーマンスかどうか知らないが、心得ているなと思った。

この後訪れた茨城大付属小学校では、教諭から総合学習の時間の必要性を訴える声が相次いだそうだが、中山文科相は「総合的な学習の時間は労力や蓄積がないと取り組めない。『こんなことなら基本教科を増やした方がいい』という声も上がっている」と、世論に基づく意見を述べたそうである。

参考:【失われた世代の教育
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-22 02:01 | ニュース
<< 靖国も みんなで拝めば こわくない Top 次世代育成支援対策推進法 >>