赤い雨 ロシア
ロシアで赤い雨降る 染料工場の汚染物質で | Excite エキサイト
Oddly Enough News Article | Reuters.co.uk

ロイター通信によると、ロシアに「赤い雨」が降ったという。
ロシア南部のヴォロネジ地方に赤い雨が降った。地元の染料工場の汚染物質によって赤くなったそうだ。ロシア国営タス通信が20日、報じた。

地元の緊急対応省の職員によると、農地に降った赤錆色の雨は、粘土と酸化鉄を含む自然の染料、オーカーによって色がついた。

汚染物質は、近くの町ジューラフカにある染料工場からのものだが、人体や動物に危険はないそうだ。

ヴォロネジの地方政府関係者のコメントは取れなかった。


記事中の染料物質、オーカー(レッド・オーカー)とは、粘土から作られる自然に存在する顔料。酸化鉄(Fe2O3)から成っているため赤茶けて見えるが、無害な物質である。鉱物として掘り出された後に砂を取り除き、乾燥させることで作られるそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-21 14:50 | ニュース
<< 象が街へ逃げ出す 韓国 Top 一人勝ちの時代 >>