盗人、ふてぶてしい? ルーマニア
Ananova - Thief blames the state

刑務所から釈放された1週間後に盗みで捕まったルーマニア人が、20万ポンドの補償を求めている。

シビウ出身のダヌット・メスターは、彼が刑務所に逆戻りしたのは更正させることに失敗した国の落ち度であると言う。

彼は窃盗により13年間の懲役に服した後、釈放から丁度一週間目で刑務所に舞い戻ってきた。そして彼は現在、損害賠償を求める民事訴訟を申し立てている。

メスターは、彼の犯した強盗が更正にもっと努力が注がれていれば防げたはずだと主張している。

メスターは、「私は正に体制の犠牲者です。」と言う。
「ルーマニア当局は、私が社会復帰するのを全然手助けしてくれなかったので、釈放後に私は反社会的な犯罪を犯してしまった。」
「地方自治体に対し、釈放された囚人に対する社会的支援の準備を行い、彼らが社会復帰できるようにするよう義務づける法律があるんです。」
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-20 21:32 | 街角
<< バチカンへ台湾との断交要求 中国 Top 音声で携帯メール >>