カナダ産牛肉の輸入打診
加、年齢証明できる牛の輸入再開要求

牛肉輸入問題でカナダ政府が、20ヶ月以内の年齢確認できる牛についてだけ先行して輸入できないか日本に打診していたことが明らかになった。

この問題で日本政府は、牛肉の輸入再開を求めるアメリカ政府との間で、生後20ヵ月以下と証明できる牛に限って輸入を再開する方向で調整を進めています。
 
 しかし、牛の年齢を判定する方法について、アメリカ側は、生産履歴が整っていないため、肉質による判定を提案していますが、日本側は「信頼性に疑問がある」として、協議は難航しています。
 
 こうした中、カナダ政府が、生産履歴で20ヵ月以下と証明できる牛肉だけを輸出したいと伝えてきたことで、日本政府内では、「アメリカ産より先にカナダ産の輸入を再開する可能性もある」という見方が出ています。

・・・さて、吉野家はカナダ産牛肉は使うのだろうか?(ここがポイントかと。)
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-20 16:46 | ニュース
<< 音声で携帯メール Top 教職受難の時代 >>