中国と日本の報道
日中外相会談報道の温度差――日本は「反日デモに謝罪なし」、中国は「町村外相が反省とおわび表明、中国人の安全確保を」 [絵文録ことのは]2005/04/18

日本の常任理事国入り阻止などが目的と見られる中国での抗日デモと暴動について、日本の町村外務大臣と中国の李肇星外相が、北京で17日、会談した。

このことについては各紙が報道しているが、全体的な日中の報道傾向をブログ「絵文録ことのは」がまとめていた。日本側の報道はGoogle News、中国報道は「百度新聞」での検索結果であるとのこと。

■日本側の報道
(1)全般に「デモ被害に抗議したが謝罪してもらえなかった」を強調している記事・・・20件
(2)日中間の報道の温度差についての報道している記事・・・6件

■中国側の報道
※中国では基本的にタイトルも含めた引用記事が多く、日本語版としては中華人民共和国駐日本国大使館のサイトの記事「北京で中日外相会談」がベースとなっているそうだ。
(1)そのままの記事・・・24件
(2)「まず正確な歴史認識が必要」・・・6件
(3)「まず駐日機関と在日中国人の安全を確保せよ」・・・7件
(4)その他・・・4件

その上で、オマケとして、日経の記事はミスリード気味だと指摘している。
 上記でもわかるとおり、「中国各紙、町村外相が謝ったと報道」という日経の記事は、ミスリード気味。

18日付の中国各紙は、前日の日中外相会談について「町村(信孝外相)は日本が中国を侵略した歴史について、改めて深刻な反省とおわびを表明」(大衆紙・新京報)といった見出しをつけて報じた。

 中国各紙というと一斉にそのように報道されたような印象を与えるが、実際には見出しに入れたものは数紙にとどまる。共同通信や毎日では見出しとは言っていないので正確。

関連:【上海でも抗日デモ 中国
関連:「CNN:中国の歴史教科書が書かないこと
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-18 22:19 | ニュース
<< ボーダフォン新社長、料金見直しを表明 Top サマワ取材不可に 危険地域化か >>