平面ディスプレイで立体映像 東芝
猫手企画@新聞屋
ITmedia ライフスタイル:缶も麻雀パイもリアル――東芝が“平置き型”の裸眼立体ディスプレイを開発
東芝:つかめそうな立体画像 平面から浮かび上がる--新ディスプレーを開発 MSN-Mainichi INTERACTIVE

東芝:プレスリリース (2005.4.15)


水平に置いて使う、平形の立体ディスプレイ技術を東芝が開発した。なんと、このディスプレイは偏光眼鏡などの道具を一切使わず、そのままで立体的に物体を投影して見せることが可能である。c0026624_19254061.jpgc0026624_1927353.jpg
左の写真では、手に持った牌だけが本物。右の写真では、陰のないボトル(右下)だけが本物だが、実物を見ると、更にリアルに見えるという。

多方向から見た画像情報を処理しているため、機械が処理する情報量は多くなるが、そのうち、多くのディスプレイが立体画像対応になってゆくのだろう。
想定される利用方法は、ゲームや、レストランのヴァーチャル・メニュー、電子書籍版「飛び出す絵本」、館内表示板etc.etc.
他にも、生活の中で更に使い道が増えていきそうだ。登場が待ち遠しい。

関連:ITmediaニュース:「レイア姫に憧れて」が3D開発の動機です 日立
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-17 14:42 | 街角
<< スリッパは「日本の上履き」 Top 最もTVを見るのは日本人 >>