上海でも抗日デモ 中国
Excite エキサイト : 国際ニュース
CNN:中国・上海で反日デモ 数千人が参加
TBS News-i


北京に続き、発展著しい100万都市上海でも一万人規模の抗日デモが16日に行われた。
数百名の警官隊が警戒に当たる中、デモ隊は中国国家を歌い、日本製品のボイコットを唱えながら日本総領事館へ向けて行進し、途中で日本料理店の看板を破壊した。
そして、日本総領事館に着くと警官の静止を振り切ってペットボトルや卵、石を次々に投げ込み、総領事館のガラス窓10枚以上が割られたそうだ。

このデモが当局に許可されたものか不明だそうだが、警官隊によっても静止できない破壊活動に発展していることで、今後の治安が懸念される。
また、将来的には、中国の政治自体が、コントロールできない方向へ向かう畏れがあるという見方もある。
米国の中国問題専門家は、中国共産党政権が改革・開放路線を進め、社会主義イデオロギー色が薄まる中で、愛国主義的な運動を利用してきた面もあると指摘。しかし、今回のようなデモが許容されると市民が考えるようになれば、そのことが裏目に出て、今後政府当局との深刻な対立も予想されるという。

c0026624_1741392.gif一方、16日に北京を訪れた日中友好協会会長で画家の平山郁夫氏は、「大変悲しく残念だ。私が文化面でおつきあいしてきた中国の人たちは友好的であり、早く本来の日中関係に戻るよう、とりわけ、若い人たちの互いの努力が大切だ」と述べ、誤解を解きほぐすためにも、民間交流を深めていくことが重要だという考えを示した。


関連:【様々なデモ続く 中国
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-16 17:05 | ニュース
<< 見直しは大事だよ Top 悩める選挙民向けクイズが登場 ... >>