元駐車場に埋蔵金
Excite エキサイト : 社会ニュース

川崎市のマンション建設予定地の土中から、ビニール袋に入った現金約2500万円が掘り出された。旧札ばかりで、約100万円ずつの束になっていたそうだ。
現場は数年前から駐車場になっていた場所で、土地所有者が代わって今月1日から工事が始まったばかり。

仮に犯罪に関連したお金だとすると、犯人が現金を隠したことを誰にも伝えないまま死んでしまったのだろうか。

先日、埼玉県の用水に1500万円の現金が流されていた事件は数日後には犯人の自首で解決したが、こちらの土地は数年間手つかずの状態だから、いまさら落とし主が現れるとは考えにくい。
このまま落とし主が現れなければ、半年後には届け出た業者のものになるのだろう。
P.S.いまさら落とし主が現れるとは考えにくい、と書いたが、なんと落とし主が現れてしまったようだ。事件の現場が駐車場になる前、今から4年ほど前にはアパートが建っていて、アパートの所有者である地主の女性(87)が住んでいたそうだ。その女性が、「引っ越す際に忘れていった」と話しているそうだ。
警察は、この女性の現金と見て、詳しい事情を聞いているという。(NHKニュースより。)
・・・忘れるものなのか!?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-14 12:09 | ニュース
<< 不幸なB型 韓国 Top スマトラ島のタラン山が噴火 >>