ノートPC用の燃料電池開発 三洋&IBM
NHKニュース
Excite エキサイト : コンピュータニュース

ノート型PCのバッテリーと組み合わせて使う燃料電池を、三洋電機と日本IBMが共同開発したと発表した。
この燃料電池は家庭用電源の替わり8時間ほど働かせることが出来、移動しながらPCを使う機会の多い人には朗報となりそうだ。
但し、製品化には今後1~2年ほどかかる見通しだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-12 01:28 | ニュース
<< 閣僚給与 一部返納を継続 Top アンデルセン物語 >>