「世界で最も影響力のある百人」
TBS News-i

アメリカのタイム誌が「世界で最も影響力のある 100人」を発表、この中に日本人が二人含まれたそうだ。
11日発売のタイム誌は2005年版の「世界で最も影響力のある 100人」を発表し、「芸術家とエンターテイナー」の 部門で、 宮崎駿監督を選びました。タイム誌は宮崎さんの「芸術と創造性は 他に類を見ない」と 評価しています。
 
 また、「起業家と大物企業人」の 部門では、最も利益を上げ 価値のある自動車メーカーの トップとして、トヨタ自動車の 次期社長に決まった渡辺捷昭副社長を 選びました。
 
 タイム誌は、このほか、 「指導者と革命家」部門で、ブッシュ大統領と並んで、北朝鮮の金正日総書記を 選んでいます。

「影響力」ということなので、良きに付け悪しきに付け世界に影響を及ぼす人間をリストアップしたらしい。幸いというか、当然というか、ランクインした日本人二人が及ぼす影響は良い影響のようだ。
(もっとも、GM社員から見れば、トヨタ社長は悪人に見えるかも知れないが。)

詳しい名前はタイム誌のホームページから確認できるようだが、正直に言って、全然知らない名前が多かった。今後、ニュースに出てくるのかも知れない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-11 12:32 | ニュース
<< スーダン支援に百億円 Top 続・携帯電話が必須の大学 >>