社会意識に関する世論調査
Excite エキサイト : 政治ニュース
「治安悪化」47%が懸念 内閣府の社会意識調査 | Excite エキサイト : ニュース.
Excite エキサイト : 社会ニュース

総理府が1月実施の「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。要するに意識調査であるが、調査項目が多いので、ここでは総てを取り上げることはできない。気になる人は是非、ホームページを読んで欲しい。

さて、今回特に気になる調査は、社会に対する意識と国に対する意識だった。

世相を表しているのは「無責任」であり、治安悪化で不安感も増大している。明るいイメージを表す「平和」からも遠く成りつつあるようだ。
そんな中、個人と国家の関係に関しての質問があった。「国を愛する」という気持ちをもっと育てる必要があるという回答が8割以上を占め、特に男性は、主体的に国への関わりを持つべきという意識が高まっている。
政治への問題意識を持っている人が増えているのは、そうなる背景があるからではあろうが、ひとまず歓迎したい傾向だと思う。



「国や社会のことにもっと目を向けるべきだ」という意見が概ね「個人生活の充実をもっと重視すべきだ」という意見より多くなっている。この傾向はあまり変動していないが、これを職業別に統計を取っていたので、グラフ化してみてみたところ、個人の国家観については職業観と関連がありそうなグラフになった。(下図参照)
c0026624_23242366.jpg

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-09 23:28 | ニュース
<< 日本アニメをODA対象に 外務省検討 Top 平和への貢献度 >>