USEN、ブロードバンド放送へ進出
USEN、無料のブロードバンド放送「GyaO」~1,000万会員の獲得を目指す

通信と放送の融合、等というものが巷で騒がれているようだが、有線放送大手の「USEN」が持ち前のコンテンツ力を活かし、早速乗り出したようだ。
USENは、無料のブロードバンド放送サービス「GyaO」を4月25日に開始する。USENの運営するサービス以外のユーザーでも視聴が可能で、早期に500番組の配信を計画、1,000万会員の獲得を目指す。これに先立ち、4月6日にはGyaOの試験放送が開始される。
試験放送が始まっているということなので、早速登録してみた。登録にはメールアドレス、性別、年代を入力する必要があるが、それ以上の個人情報は求められなかった。

登録すると、早速、左のような画面が現れる。現在はベータ版との表示が見えるが、TBSのNews-iの他、幾つかのアニメ、ドラマ等が試聴可能だった。CMが途中に入るものの、レンタルビデオを借りる手間を考えたら絶対的にお得感がある。

懐かしいような番組もあったが、「冬のソナタ」第1話を選んで観てみた。冬ソナは観ていたが、1話だけは見逃していたからだ。・・・面白かった。後半ほど面白くなくなるドラマだとは思っていたが、1話はこんなに面白かったのかと、ちょっとだけ見直した。(笑)
これなら十分、TVの替わりになるとも感じた。
ブローバンド環境が整備されれば、各国からの情報発信がインターネットを通じて直接観られるようになっていくのだろう。そうなれば、コンテンツの豊富さが文化発信の有利さに直接繋がっていくだろうなと、韓国ドラマを見ながら思った。

ホリエモン、株式買収に拘っている場合ではないと思うぞ。




USENではGyaOのサービス開始を記念したキャンペーンも実施。4月6日から7月14日までにGyaOに登録したユーザーのうち、毎日1人に10万円をプレゼントする。また、5月25日から7月31日までの期間には、番組を視聴したユーザーにプラズマディスプレイやDVDレコーダなど総額1,000万円の商品をプレゼントする。

 4月6日から5月31日は、GyaOをホームページやブログで紹介したユーザー向けのキャンペーンも実施。バナーやリンクの申請を行なった先着1,000名にDVDをプレゼントする。また、ギャガが今春公開予定の映画「Shall we dance?」「マスク2」の試写会キャンペーンも行なわれる予定。
お気づきかも知れないが、当ブログにもバナーを貼らせて頂いた。申請もしたが、先着1000名に入れたかどうかは定かでない・・・?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-06 19:01 | 街角
<< 国会議員の歳費削減提案 民主党 Top Play Back Part 2 >>