Play Back Part 2
Excite エキサイト : 芸能ニュース

c0026624_12215485.jpg山口百恵といえば、「花の中3トリオ」として売り出し、数々のヒット曲を飛ばす歌手でありながら、映画やドラマ「赤い~」シリーズでも活躍する女優であった。
彼女が引退したのは、わずか21歳。
日本音楽会におけるスーパースターだが、美空ひばりとは対照的に、早い引退で人気を伝説的なものにした。

若いうちに稼ぎ、人より早く引退する。そんな理想を語る経営者に、ライブドア社の堀江貴文社長(32)がいる。

堀江氏はニッポン放送をライブドア社の子会社化に成功したが、SBI(ソフトバンク・インベストメント)社の北尾吉孝CEOが登場してからは何かとM&Aの姿勢が北尾氏と比較されるようになった。
北尾氏自身もフジテレビ株の借り受け介入した背景を、堀江氏に対する批判からだったと表明している。その北尾氏は、ライブドア支配を嫌うニッポン放送社員が辞職した場合、「第2のニッポン放送」を作って受け皿とする構想を発表した。
現実に社員の辞職が相次ぐとは思えないので、これは単に、ライブドア社への牽制であろう。
だが、老練な北尾氏の登場以来、ライブドア社の対応は「想定の範囲内」と言えるのか微妙な状況が続いている。第2のニッポン放送構想への感想を報道陣に聞かれたライブドア社の堀江社長は、「ちょっと待って・・・」とつぶやき、無言で去ったそうである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-06 12:17 | ニュース
<< USEN、ブロードバンド放送へ進出 Top 山崎拓 VS 山崎拓 >>