ある老親との同居問題 ドイツ
Ananova - Pensioner ordered to cut the grass

c0026624_1322565.jpgドイツのボンに住む年金生活者、ポール・ミューラー氏(72)は、同居している彼の娘カリンさん(43)と娘婿ペーター・ホッファー氏を伴って法廷に行き、年老いた自分に代わって彼らが芝刈りをするように命令して欲しいと申し立てた。彼らに家事をさせるのが目的だった。

しかし、目論見は外れ、ミューラー氏自身に火の粉が降りかかることになってしまった。判決は、ミューラー氏自身が芝刈りをやりなさいというものだったのだ。
更に、ミューラー氏が芝刈りを出来なくなった場合は、娘がガーデニング業者に委託することを認め、その費用はミューラー氏持ちにすべし、と決定されたのである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-04 13:23 | 街角
<< 朝の埼京線に女性専用車両 Top 市民からの改憲案 >>