続・尊厳死か殺人か
Excite エキサイト : 国際ニュース
Excite エキサイト : 主要ニュース
尊厳死か殺人か】の続報を書かねばなるまい。残念ながら、植物状態だったテリ・シャイボさんが亡くなった。
米フロリダ州で植物状態となっていたテリ・シャイボさん(41)が、州裁判所の指示で栄養補給管を除去されて14日目にあたる31日、死去した。
 遺体は厳重な警備の下、司法解剖のため当局に搬送された。
シャイボさんが亡くなっても、この問題は終わらない。

シャイボさんが死を望んでいると主張してきた、夫マイケル・シャイボさんの弁護士は、「(シャイボさんは)穏やかで平和な、優しい死を迎えた」と述べたが、テリさんの死因は餓死だろう。栄養が行き届かなくなった肌の色が透き通ったからと言って、「美しさ」や「優しさ」はどこにあるのか。
カトリック司祭のコメント通り、「これは殺人」だろうと思う。
共和党主導の議会や大統領まで動かしたこの事件、植物状態の人間について何らかの法制化を求める動きが起きるかも知れない。

今後行われる司法解剖は夫マイケル氏の希望によるもので、植物状態だったことを確認するために行われることになっている。
だが、脳死と植物状態はそもそも異なるので、一体何を確認したいのか、確認することで何が変わるのかは不透明だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-04-01 14:46 | ニュース
<< 科学と政治 Top ブッシュ-チンパンジーを比較し... >>