ハトの半減に成功 上野公園
NHKニュース

c0026624_13174987.jpgカラス対策などで成果を上げている東京都。
ハトの糞害を減らすため、上野公園でハトにエサを与えないよう呼びかけたところ、生息数が2か月半で半分に減ったとのこと。今後も調査は続けるそうだが、呼びかけの効果はあったようだ。

上野公園はこれから花見のシーズンを迎えるが、去年よりは鳩の糞を気にしなくて済みそうだ。

ちなみに、これらのハトが何処へ行ったかは不明である。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-31 13:17 | 街角
<< 国王にも定年制 ブータン憲法案 Top 働く意志ある男性の若者 減少 >>