楽天イーグルス、天国から地獄
Excite エキサイト : スポーツニュース

c0026624_10283210.jpg
前日、ロッテに3対1で見事なデビューを飾った新球団、東北楽天ゴールデンイーグルス。田尾監督の采配も良かったのか、これなら今後も期待できるかと思った矢先、第2試合では0対26という「歴史的大敗」を喫し、初日はロッテからのご祝儀試合かと疑ってしまうほど。

このブログでは芸能スポーツ関連はあまり扱わないのだが、「記録的」という言葉に惹かれたことと、楽天の地元が仙台ということで、J2のベガルタ仙台を想起させる展開が気になった。

c0026624_10271747.gifベガルタ仙台はJ1昇格を果たした02年、開幕当初から5連勝と快進撃を続け、その意外性と、選手を活かす手腕に定評のある清水監督の評価に話題が集まった。しかし、ワールドカップで中断した後は勢いを失い、04年は再びJ2へ降格。
当時は、J1新規チームの登場で相手チームが慣れていなかったために勝てたのだろうという評が聞かれたものだ。

東北楽天イーグルスについて今後の見通しを語るのは早すぎるだろうが、小野投手コーチが語るように、「緊張感はあるんだけど、それだけではこの世界で飯を食っていけない」ということだろう。

参考:【ベガルタ仙台 - Wikipedia
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-28 10:18 | 街角
<< ホリエモンの敵と味方 Top 牛タンが品薄に >>