「花」で空き巣減らせ
「花」で空き巣減らせ、練馬区の試み

東京23区ではもっとも空き巣被害が多い練馬区で、ユニークな試みがされているそうだ。
c0026624_1014251.jpg警視庁練馬警察署が去年11月から管内のおよそ10万世帯に対し、家事の合間などになるべく外に出て 路地に目を配るよう呼びかける 運動を始めたところ、空き巣の被害が 半分にまで減ったという。
この運動の第2弾として、練馬警察署は住民にフラワーポッドを配り、各世帯が家の外で花を育てることで路地などに 目をくばる機会を増やし、更に空き巣やひったくりなどの犯罪を防ごうと取り組んでいる。

確かに、何かがある方が目配りもしやすい。犬を飼うのも手だろうが、文句も言わない花ならば、誰でも世話がしやすいだろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-27 10:14 | 街角
<< 牛タンが品薄に Top 鶏卵から育毛物質、京大が開発 >>