新疆ウイグル自治区の活動家、解放
真silkroad?: 新疆ウイグル自治区、女性事業家レビヤ・カディールさん、釈放される。
MSN-Mainichi INTERACTIVE アジア

アメリカが中国の人権状況に関する非難決議を国連に提出するのを見送った。
米国務省のエレリ副報道官は17日、ジュネーブで開かれている今年の国連人権委員会に、中国の人権抑圧を非難する決議案を提出しないことを決めたと発表した。ライス米国務長官のアジア6カ国歴訪の最後にあたる訪中を控えて、中国が政治犯の釈放を進めるなど人権状況改善に動き、米政府がこれに呼応したものだ。
対中非難決議はしばしばアメリカが中国へ圧力を掛ける手段として使われ、米中関係の改善が見られる時には提出が見送られている。今回もぎりぎりで見送られた背景には、中国とアメリカが共に妥協点を見いだすべく、いろいろな取引があったようだ。

この記事は書きかけです

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-26 13:00 | ニュース
<< 人捜しです。 Top 名刺もコンビニ化 >>