スーダンにPKO派遣決議採択
Excite エキサイト : 国際ニュース
TBS News-i
Excite エキサイト : 政治ニュース

c0026624_443834.jpg国連の安全保障理事会が24日、アメリカの提案に基づき、スーダン南部に1万人規模のPKO(平和維持活動)要員派遣を全会一致で採択した。
スーダンへのPKOについては、国連が日本の参加を要請しており、日本政府も自衛隊の派遣を検討中。特に、常任理事国入りを目指すに日本にとっては、アフリカ地域へも積極関与していく姿勢を見せるため、政府は乗り気である。
だが、スーダン国内では南部の治安問題の他に、西部ダルフールでの虐殺など深刻な人権侵害問題を抱えている。
自衛隊内部では、スーダンへPKOを実施した場合、PKF本体業務に発展する危険性が高いとして、慎重な姿勢を崩していないとされる。

P.S.讀賣新聞の記事によると、政府はPKF本体業務を危険と判断。回避する方針を決めた。
PKO司令部要員としての自衛官派遣や、航空自衛隊輸送機によるスーダンへの物資輸送の可能性を探り、調整する模様。

参考:【スーダンPKO検討 「常任理入り」視野に
関連:【牛と交換に花嫁として売られる女性たち スーダン南部の悪習 - livedoor ニュース
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-25 18:59 | ニュース
<< 暫定政府が発足 キルギス Top 小走りするタコ >>