動物にも外国語の壁
中国の鳥的「ロスト・イン・トランスレーション」 | Excite エキサイト

c0026624_14351598.jpgアメリカのブッシュ大統領が小泉首相にもらったお土産「AIBO」を試してみたら、日本語で話しかけないと正しく動作しないことが分かり、がっかりしたという笑い話がある。
これは機械の認知能力の限界だが、逆に機械から動物へのメッセージもまだまだ限界があるという話が北京で明らかになった。

鳥害を解決しようとした北京空港では、米国から叫び声で鳥を脅す機械を購入し設置したが、鳥たちは叫び声をまるで理解せず、逃げないそうだ。
この機械「鳥類逃散装置」には、米国の鳥の叫び声もしくは天敵の声が録音されていたという。
北京晩報によると「地元の鳥は外国の鳥の鳴き声が理解できないのだ」と書いている。それで専門家が米国の鳥の鳴き声を、中国の同種の鳥のものに「翻訳」したそうだ。現在、その有効性を実験中とのこと。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-25 14:35 | 自然科学
<< 小走りするタコ Top SBIの北尾CEO、堀江社長の... >>