SBIの北尾CEO、堀江社長の手法を批判
北尾CEO、堀江社長の手法を批判
SBIの北尾CEOが語る参入の経緯
Excite エキサイト : 経済ニュース

3,4ヶ月前からフジテレビ、ニッポン放送との提携話を進めてきたというソフトバンク・インベストメント(SBI)。c0026624_27172.jpg
その最高経営責任者(CEO、代表取締役)である北尾氏が、ライブドアの堀江社長の手法を「土足でいきなり他人の家に上がり込んだようなもの」と批判した。
これまでM&Aのプロの立場からの話があまり聞かれ無かったが、同業のSBIが姿を現したことで、ライブドアの未熟な点も指摘され始めたようだ。

北尾CEOは次のように言っている。
他人の家に土足のまま上がって『おい、仲良くしよう』と言うような感じにテレビを見てると映りますけれども、私がこれに関与するということは『ない』と申し上げたいところだけど、このままでずっと泥仕合になっていくのもまずいのではないか、何らかの大人の解決の仕方があるのではないかという気がします。私としては堀江君も同じ世界でいる人間の1人ですし、私の方がだいぶ先輩ですから、いろいろと話してみることもあるのかなと

堀江社長はまだまだ若い。いろいろ学べるのも若さゆえの特権だ。
先輩と話して得るものがあれば、更なる飛躍も出来るだろう。
その北尾CEOは、インタビューで以下のように語った。

【フジVSライブドアの主導権争いは?】
 「今回テレビを見ていて思うのは、どうしてこんなに聞かれたからって、お互いこんなに喋っているのかなと。全くM&Aの世界を知らない人だなと」
 
【ソフトバンク孫社長と相談は?】
 「孫さんとは一度も話しておりません。孫さんとは話すまでもなく、以心伝心の世界の中で十分に私の気持ちは伝わっていると思います」
 
【ホワイトナイト?】
 「ホワイトナイトをかって出るつもりはないです。ホワイトナイトといってもいろいろなホワイトナイトがあるから、結果において後からみればホワイトナイトと言われることになるかもしれないことはあるかもしれない」
 
【ニッポン放送の関係者は】
 「今、みんなテレビを見ています。知らないことが次々に起こりみんな戸惑っているのではないでしょうか」

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-25 02:08 | ニュース
<< 動物にも外国語の壁 Top 大統領辞任求めデモ キルギス >>