「リニモ」重量オーバーでストップ
Excite エキサイト : 社会ニュース
TBS News-i

3月25日から開催される愛知万博。その会場への足である東部丘陵線のリニアモーターカー「リニモ」が内覧会向けに運行しているが、19日、乗客の乗り過ぎで停車するという騒ぎがあった。

c0026624_1074180.jpgリニアモーターカーは電磁力で車体を浮揚させている。重量が増えすぎると車体が浮き上がらないため、走ることができない。
定員オーバーで止まるとは、まるでエレベーターのような乗り物だと思うが、写真を見ると狭くコンパクトな乗り物であることが分かる。(写真)元々1回で大量に輸送するものではないのかも知れない。
定員(重量)オーバーの場合、やはりエレベーター同様に『今乗った方は今の扉から降りて、他の車両にお回りください』とのアナウンスが流れるそうだが、この日の客は、それが自分のことだとは気づかなかったそうだ。エレベーターのように入り口が一つではなくて、最後の乗車だと分からないのだろうか?

内覧会が開かれた会場には、19日夕方までに既に6万人が訪れ、『愛・地球博』の人出は多くなりそうである。本番運用中はスムースに運行して欲しい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-20 10:07 | ニュース
<< 福岡県西方沖でM7.0の地震 Top 制服の男性を求める女&制服を着... >>