組立て式シェルター開発 イギリス
Wired News - 水を加えるとその場で完成する緊急用シェルター - : Hotwired

テントのように手軽に組み立てられ、シェルターのように丈夫   そんな防災グッズが開発された。
開発したのはロンドンの王立美術大学院で工業デザイン工学の修士課程に在籍する技術者、ウィリアム・クロフォード氏とピーター・ブルーイン氏である。
彼らが発明した「コンクリート・キャンバス」はこれまでの水を加えるだけでひとりでに膨らむので組み立てが容易である。更に、耐久性はプレハブ小屋並だし、コストはその4分の1程度。災害地や難民用に役立つだけでなく、いろいろな用途が見込まれそうだ。
c0026624_5323454.jpg
このアイデアはイギリスで既に幾つかの賞を受賞しており、ウガンダで活動する『国境なき医師団』のプログラム責任者、モニカ・カステイリャーノー氏は、「手に入るなら、今日にでも10基買う」と言うほど絶賛している。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-18 05:35 | ニュース
<< セルロースからアミロースへ、グ... Top 犬の救急法 チリ >>