自宅を除霊せずに罰金 インド
-ananova-

c0026624_1384058.jpgインドの農夫が、「取り憑かれている」と言われた自宅を除霊しなかったため、村の長老等に30ポンドの罰金を課された。

ドルベリアに住むシボン・ソレンさんは、息子や妻と孫の死に続いて、後妻にも駆け落ちされるという不幸な目に遭った。
村人はソレンさんの家が亡霊に取り憑かれていると恐れ、まじない師はお祓いをしないと幽霊が村全体に害を成すとソレンさんに言った。

ソレンさんは借金してなんとか罰金を払ったが、この借金を返すために土地を売らなければならないかも知れないという。

村の長老、ガネッシュ・ヘンブロム氏は、こう言ったと伝えられている:「誰でも、社会のルールには従うべきである」と。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-17 00:54 | 街角
<< 免許証偽造、「福島県仙台市」で... Top 庭から戦車 ニュージーランド >>