受精に不可欠な遺伝子「Izumo」発見 大阪大学
NHKニュース

大阪大学遺伝情報実験センターの岡部勝教授等のグループが、受精にかかせぬ遺伝子を精子から発見したと発表、縁結びの神である出雲大社にちなんで、「Izumo」と名付けた。
これまで、卵子からは同様の遺伝子が発見されていたが、精子で発見されたのは初めて。
今後の不妊治療や避妊薬の開発に役立つ見込み。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-10 18:37 | 医療・健康
<< 韓国は学歴社会、求職者も実感 Top 北朝鮮空軍、飛行訓練は年15時間 >>