愛称「ひまわり6号」 国土交通省が認める
Excite エキサイト : 主要ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース
MTSAT、静止軌道に 愛称は「ひまわり6号」 打ち上げから10日

2月26日に打ち上げられ、5月の稼働に向けて順調に進んでいる運輸多目的衛星MTSAT-R1が当初の予定通り8日、静止軌道衛星に入ったことが発表された。
また、同衛星の愛称を、気象庁側の希望通り、「ひまわり6号」にすることを国交相が発表した。


今回打ち上げた人工衛星は、従来のような単独気象衛星ではなく、国土交通省が航空管制等の用途で打ち上げるものに、予算の苦しい気象庁が便乗させてもらった「運輸多目的衛星」。国交省側には元々愛称を付ける習慣はなかったが、一足早く気象衛星として運用を開始する気象庁側は、国民に広く認知された「ひまわり」を愛称として希望。「好きなように呼んでもらいたい」と、余裕の構えを見せていた。

今回、北側一雄国交相は8日の閣議後会見で「ひまわりの名前は、天気予報などで使われ国民に定着している」と述べ、これで新衛星の愛称問題は決着することになった。

関連:【H2Aロケット7号機、衛星分離に成功
関連:【「ひまわり」か「MTSAT」か?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-08 17:27 | ニュース
<< 少年犯罪に「奇抜な髪型」の罰 タイ Top 大学が夜間学生へアルバイト斡旋 >>