タクシー代わりに救急車を呼び、パトカーに乗る。
Excite エキサイト : 社会ニュース
<泥酔男>頻繁に救急車呼び、隊員に暴行 高松地裁実刑判決

酒に酔って救急車を呼ばせ、自宅に送ってくれない救急隊員に暴行したという男が逮捕された。同容疑者は2003年8月から昨年7月にかけて計47回も救急車を呼び出していたらしい。

c0026624_1414537.jpg酔っぱらいのやることとはいえ、救急隊員に怪我させたのでは許されないだろう。
容疑者は「記憶にない。」と言っているそうだが、酔って記憶を失うのは言い訳にならない。
記憶を失わぬ程度に自制すべきだろう。

[P.S.]
7月4日に高松地方裁判所でこの男の裁判の判決が言い渡された。
緊急性が高い救急業務を妨害した身勝手極まりない犯行」等として、懲役3年6月(求刑同5年)の実刑判決が言い渡された。救急車を甘く見てはいけない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-07 13:49 | 街角
<< 「性的能力減退まで収監」 韓国 Top 「コーヒーの世界」授業 >>